人間の体温は毎日約1度くらいの範囲で変化しています。
質の良い睡眠をとるには規則正しい体温変動リズムの確立も重要です。
人は深部体温(脳や心臓など臓器の温度)が下がるとスムーズに寝付くことができます。
それにはまず体を温めることにより、手足の血管を拡張させたい体内の熱を放散させることが大切です。
 湯船に浸かって安眠
湯船に浸かったり、夕方ジョギングなどして、日頃から体温リズムにめりはりをつけるよう心がけ、体に眠るタイミングをつかみやすくさせましょう!!
body-temp1.jpg
                           [:zzz:]眠りのポータルサイト安眠総合研究所[:zzz:]