business.jpg
今週のNEWSWEEK日本版に、アメリカ最新睡眠ビジネスについての興味
深い記事がありましたのでご紹介します。
アメリカ人は仕事中毒。24時間働きます。そんなライフスタイルがアメリカ
人の生産性を下げ、健康を損ない、何よりも美容の敵になっています。
問題があるところには商機あり!
多くのアメリカ人が睡眠不足だとの調査結果を受けて、快眠ビジネスが急成長
しているそうです。
ニューヨークでは多忙なビジネスパーソンが昼間に仮眠できるスパ(健康美容
施設)が続々とオープン。その中の一つ「イエロー」では、13~24ドル(1600
~2900円)を支払い個室の特注リクライニングシートで20~40分眠りにつきます。
このとき内部の照明やアロマ、音楽は好みに合わせて選べ、日の出をイメージした
照明で起こされるので自然な目覚めができるそうです!
また世界中のスパ情報を集めたウエブサイト「スパ・ファインダー」によると、
眠りは美容の一部であり、快眠ビジネスはスパ業界の一大トレンドになりつつ
あるとの見解!
今のスパの設備やサービスは、眠りの専門家によるセラピーをうける事ができ、
遮光カーテンと高級マットレスを備えた客室で眠る事もできます。
ユタ州のレッドマウンテン・スパでは、3泊1人当たり987ドル(12万円)
の特別ワークショップを開いています。睡眠の専門家が、寝る直前にすべき事や
寝具の選び方など、独自のノウハウを伝授します。客室ではマッサージや無添加
無着色の化粧品を使ったスキンケ、入浴、ミスト(霧状の温風)が楽しめるそう
です。
また化粧品メーカーも快眠ビジネスに参戦。
イギリスの化粧品メーカーブーツはアロマ商品シリーズ「スリープ」を売り出し、
高級化粧品ブランドオリジンズは朝鮮人参やメラトニン、カモミールを配合した
液状の快眠用サプリメントを開発したそうですよ。
今年の美容・健康業界のヒット商品が「快眠」であることはまちがいないですね!
日本の企業もどんどん「快眠ビジネス」に参戦していって欲しいと思います。
ゲーム業界さんいかがですか?快眠することで敵を倒せ、クリアーできるロ
ールプレイングなんて良くありませんか?クリアーした時には満足感と快眠
ぐせがついている・・・・。
素敵だと思います!
参考
NEWSWEEK日本版掲載記事
             [:zzz:]眠りのポータルサイト安眠総合研究所[:zzz:]