nendai-betsu.jpg
先日医学博士であり日本睡眠学会理事でもある白川修一郎先生が寝装・インテリアマネジメント2007に特別寄稿された記事の中より、年代別必要睡眠時間についてお伝えします。
新生児(1~2ヶ月)       1日、10.5~18時間
乳児(3~11ヶ月)       夜間に9~12時間と
                 昼間に1~4回の30分~2時間の昼寝
幼児(1~3歳)         1日、12~14時間
学童前期(3~5歳)       11~13時間
学童期(6~12歳)       10~11時間
ティーンエイジャー(11~17歳) 8.5~9.25時間
成人               7~9時間
高齢者              7~9時間 
あなたはどうでしたか?必要な睡眠時間を取れていますか?
あなたのお子さんはどうですか?あなたの身近な人はいかがですか?
おそらくこの必要睡眠時間を確保できている方は少ないのではないかと思います。
親の生活習慣ペースに子供達の生活習慣ペースは大きく左右されます。親自身が健康な
睡眠時間を確保できていないと、子供達も必要な睡眠時間がとれません。
睡眠中は子供にとっては、身体の成長にはかかせないホルモンが分泌される大事な時間。
また、大人にとっては細胞の損傷を修復したり、疲労回復したりするホルモンが分泌される
大切な時間でもあります。
「うちの子供は必要な睡眠時間が取れていないわ~」という方がいらっしゃったら、まずは30分
早く寝かせるようにして下さい。そして1~2週間様子をみて就寝習慣が定着したら、さらに30分
早めるようにすれば、無理なく睡眠時間を改善できる事ができるようです。
出典
寝装・インテリアマネジメント2007
[:zzz:]眠りのポータルサイト安眠総合研究所[:zzz:]