アメリカでは購入することができるメラトニン。
メラトニンとは何でしょう?
メラトニンは体内時計を正常化にする効果があるホルモンです。
mame-denkyu.jpg
通常脳の内部松果体から分泌されるメラトニンは就床約1時間前から分泌が始まり、朝の起床時あたりまで分泌され私達の体内リズムを整えてくれています。
しかしこのメラトニン、とにかく光に弱いんです
光にあたると分泌が抑制されてしまいます。
100~200ルックスくらいの光ならまぁ、大丈夫なんですけど、500ルックスくらいあるときついです。
ちなみに、通常の室内照明は300~500ルックスくらいです。
特に青白い光は抑制を顕著にしますので注意。
 
今の時代は夜間でもコンビニやガソリンスタンドで昼間並みの明るい環境があります。
コンビニは3000ルックス以上はありますよ
このような光にあたると体内時計が狂ってしまい入眠困難、起床困難、消灯時刻が遅くなったりしてしまう恐れがあります。
うちのおばあちゃんもそうだったんですけど、高齢者は夜中トイレに起きちゃう方も沢山いらっしゃるかと思います。
そんなとき、明かりをバッとつけないでくださいね。
再入眠が難しくなってしまいます。
だからといって、真っ暗だとつまずいちゃったり安全確保ができないので、低照度の照明をつけると良いです。
豆球一つ程度の薄暗さです
反対に朝は、朝ですよ~と身体に分かってもらう為に2500ルックス以上の光を浴びましょう!
日本では曇天でも10,000ルックスくらいあります。
だから、自然光を浴びれば良いんですね!
覚醒効果と交感神経を活発にするので、元気いっぱいに起きられます!!
          [:zzz:]眠りのポータルサイト安眠総合研究所[:zzz:]