生理前って、イライラしたりなんとなく落ち込んだり、昼間眠くなったりしませんか?
そんな倦怠感や眠気、生理痛によっておこる女性特有の「起き下手さん」。
monthly.jpg
これは女性ホルモンのバランスが崩れやすくなって起こる症状なんです。
女性ホルモンとは、卵巣から分泌されるホルモンで、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。
エストロゲン(卵胞ホルモン)は、美容ホルモンとも呼ばれ、女性らしい体つきや女性の魅力を引き出すホルモンです。ダイエットはこの期間にすると効果がより表れます。
生理後約1週間分泌されます。
プロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠サポートホルモンと呼ばれ、体温を上げる働きのほか、体に水分を保持したり食欲を増進したりする働きのあるホルモンです。
よく生理前お腹空きません?
主に生理前2週間に分泌されます。
生理前のイライラや体調不良はこの2つのホルモン分泌のバランスが崩れてしまって起こるといわれています。
眠気との関係は、プロゲステロン(黄体ホルモン)の働きにより夜間でも体温が下がりにくく、快眠できていたのに、生理直前はこのプロゲステロン(黄体ホルモン)が激しく減少してしまうため、リラックスしているときに働く副交感神経の優位性が低下してしまい、興奮状態のときに働く交感神経の夜間の休息が不十分になり、夜間の熟睡が妨げられ、日中に眠気が強くなるのではないかと考えられています。
ある程度は自然現象として受け入れるしかないと思いますが、眠気がひどくて寝込むようなら、婦人科に相談してみましょう。
        [:zzz:]眠りのポータルサイト安眠総合研究所[:zzz:]