sweets.jpg
人が生きていく上で、「食べる」事は重要である。
これは誰しも理解できる事だと思います。
だって食べなきゃエネルギーが沸いてこないじゃないですか!?
「食べる」事と一緒で「眠る」事も重要なんですよ。

しかし、人は仕事に遊びに勉強に忙しくて、他にやりたい事がある時、睡眠時間を削ろうとしませんか?
限りある人生を有効に使うには睡眠時間を削ろう~って!。。
眠っている時って、一見何もしてないように見えるので、睡眠って意味のないように思われちゃいますが、睡眠ほど重要なものはないんですよ。
睡眠とは、起きている間の活動がより活発に効率よく行えるように、脳とカラダを準備している大切な時間なんです。
睡眠が不足すると、いらいらしたり、元気がなくなったりして生活の質が損なわれてしまいます。
睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。
子供にとっては読んで字のごとく、身体の成長にはかかせないホルモンです。
また、大人にとっては細胞の損傷を修復したり、疲労回復したりするホルモンです。
だから、「寝る子は良く育つ」とか「肌をキレイにしたいならまずは睡眠をとれ!」とか言われるのですね。
実際アメリカで行われた64時間の断眠実験では、人は2日後くらいから起きているのがつらくなり、作業能率、記憶力・注意力、物事を把握する能力など著しく低下してしまったそうです。
計算問題の正答率は時間とともにダウンし、断眠前の6割しか正答できなかったとの事。
また、睡眠中には最近やウィルスを撃退す免疫系の物質も分泌されます。
「風邪の時は寝るべし!」って事です。
このように睡眠中には様々なホルモンが分泌され、人のカラダは自らの力で心身をメンテナンスしているんです!!
[:zzz:]眠りのポータルサイト安眠総合研究所[:zzz:]