朝起きたとき、なんか息が臭い!なんて感じた事ないですか?
原因はですね、睡眠時に唾液の量が減っちゃう事にあるんです。
寝ている時って、舌を動かす機会がなくて、口を閉じた状態になりますよね。
だから口の中が乾いちゃうんです。
唾液って、色々な働きがあるんですけど、殺菌、抗菌洗浄作用があるんです。
よく、ケガしたら、唾つけとけば治るとかいうじゃないですか?!アレですね。
口が乾いちゃうって事は、唾液の分泌が減ってしまうという事です。


口の中には約100種類の細菌がいるといわれています。
そのなかでも酸素が少ない環境を好む「嫌気性細菌」が過剰に増えると、悪臭のもとになる揮発性ガスを発生させるため、口臭がするようになります。
「嫌気性細菌」は、唾液の量が減ると一気に増殖し、口臭を引き起こします。唾液が少なくなると、その中に含まれる酸素や浄化作用がある酵素が減るため、嫌気性細菌が喜ぶ環境になってしまうというわけです。


その結果、細菌がどんどん増え、起床時の口中は不潔な状態に。
ひぇ~。。
つまり、常に口中が新鮮な唾液で潤うような状態を作れば、口臭対策のカギになりますよね。
そこで私がお勧めしたいのが、唾液腺の筋肉を鍛えて唾液が良く出るようなトレーニング。

 hamigaki.jpg
   ポッピング 20回


     前歯の後ろの突起に舌先を当てて、後ろにずらす。
     この時、タッ!と音がする。
     これを20回行う。


    バイト 3秒×10回


     奥歯を噛んで口角を上げる。
     前歯を見せる。指で支えても良い。


    リップトレーニング 20セット


     「イー」と言いながら前歯を見せ口角を上げる。
     「ウー」と言いながら口をすぼめ前に突き出す。
     「イー・ウー」を20セット行う。


参考  口臭の原因と口臭予防  

また、いびきや歯ぎしり予防に効果的なマウスピースは、あごの筋肉の強化を促しフェイスラインを引き締めて、生理的に唾液の分泌にもはたらきかけるんですよ!
             

ストレスの多い生活をしている人も常に口臭を感じている人が多いようです。
気持ちをリラックスできるような生活をするように心がける事と、食後に消臭成分のフラボノイドが含まれる緑茶を飲むと、細菌の増殖を抑える効果があるようですよ。
フラボノイド入りのシュガーレスガムもだ液の分泌を促し、口臭予防の効果につながるみたいです。


また、緊張してだ液が少なくなったときや、女性なら妊娠中にホルモンの影響で唾液が減り、口臭が強くなることもあるみたいです。


今日からまずできる、口臭予防。



就寝前の歯磨き!!


さぁ~皆さんも今日から口臭美人になりましょう!!


               眠りのポータルサイト安眠総合研究所