昔から”手当て”って言葉がありますよね。
私はこの言葉が大好きです。
手ってなんだか安心するじゃないですか。
小さい頃、母が洗濯物をパンパンたたく手が、頭をなでてくれた手が、喘息をおこしたとき胸にベポラップやタイガーバームを丸~るく丸~るくぬってくれた手が、優しくて大好きでした。
手って感情を伝えますね!
handhold.jpg
特に好きだったのが”手をつなぐこと”
あったかくて安心しました。
米バージニア大学心理神経学助教授James A. Coan氏の研究によると、幸せな結婚をしている女性が、ストレスを感じた際に夫の手を握ると、興奮した交感神経が静まり、副交感神経が優位になり、ストレスがに解消されることが、脳のスキャンではっきりと示されたそうです。
参考↓
http://health.yahoo.co.jp/news/detail?idx0=w07070102&idx3=0700-3
また、”手を握る”ことに限らず、何かを握りしめることって、安心しませんか?
あなたは緊張した時に、手をぎゅっと握しめた経験ありませんか?
あれは、少しでも心を落ち着けようという自然作用なんですよ。
赤ちゃんも生まれてきた時、手を握っていると思います。
また、人間は死ぬときもしぼむように手をにぎります。
そう、人は、リラックスしたり、弛緩した時ほど手を開きません。
自然体のとき、軽く手を握ってるんです。
この人間の動物的自然動作って、安眠を得るためにも役立つと思います。
パートナーがいる方は今日から手をつないで寝てみて下さい!
パートナーがいない方は何かを握って寝てみてください。
因みに私は、恥ずかしながら寝れないときはぬいぐるみの手や、尻尾を握って寝ています。
夏はベッドのヘットボードの棒を握っています。
パイプなのでひんやりしてて、一石二鳥!
         [:zzz:]眠りのポータルサイト安眠総合研究所[:zzz:]