あなたはどんな寝姿勢で寝ていますか?
一般的に仰向けで寝るのがいいと言われています。
うつぶせ寝っていうと、苦しそうで深く寝られないイメージがありますよね。
ところが、うつぶせ寝にはいろいろメリットがあるようです。
utsbuse.jpg
・いびき・睡眠時無呼吸症候群の予防 →うつぶせ寝だと気道がふさがれない。            
・せき・たんの減少 →重力によってたんが自然に流れる。 
・肩こり・腰痛の解消 
・便秘の解消 
・食べ過ぎや胃もたれの解消 →体の右を下にして寝ると食べ物が運ばれやすい。
・背中が丸い人は背中のストレッチ効果
 関節が伸びる →体の重みで自然に伸びる。
・寝つきが良くなる
 新陳代謝が活性化される →代謝に必要な酸素が全身に行き渡る。
なんと、さらに
 ・認知症の予防効効果
          ↑
南横浜病院・大内院長のよると、65歳以上の認知症患者を対象とした調査では、常に介護が必要だった83人がうつぶせ寝に変更したところ全体の75%に改善効果がみたれたそうです。すごい!!
聖路加国際病院・日野原重明理事長(94歳・現役医師)は「脊椎動物にとっては、うつぶせ寝が一番自然な姿勢」と言って9年前から実践しているとのこと
やっぱり、自然がいちばんなんですね~
注意  
人によってはうつぶせ寝が危険になる場合もあるので、始める前に医師に相談しましょう。
生後間もない赤ちゃんは、突然死を招くことになるという指摘もあります。
寝たきりで骨が弱くなっている人を無理にうつぶせ寝にすると、骨折の危険もあります。
 もっと詳しく知りたい人はこの本がおすすめ
  「日野原先生も毎日実践!うつぶせ寝健康法」
        (KKベストセラーズ)
       うつぶせ寝のやり方・効果を分かりやすく教えてくれます。
  「老年者ケアを科学する
         -いま、なぜ腹臥位(ふくがいい)療法なのか」
        (医学書院 並河正晃著)
       介護に役立つうつぶせ寝を教えてくれます。
        [:zzz:]眠りのポータルサイト安眠総合研究所[:zzz:]