人は長い間太陽のあかりとともに生活してきました。
空が明るくなれば起きて活動し、空が暗くなれば眠るといった感じに。
taiyo.jpg
人が電気のあかりを使って夜暗くなってからも活動をするようになったのは、長い人類の歴史から見ればまだ最近のことと言えるでしょう。
朝日と夕日では光の波長が違います。
朝日は人を元気にしますが、夕日はなんだかかなしくなります。
朝日を浴びると脳の松果体から睡眠ホルモンのメラトニンが抑制して体内時計をリセットしてくれます。
人の体内時計はもともと25時間にセットされていますので、リセットをしないとどんどんずれていってしまいます。
毎日朝日を浴びて生活にリズムをつくりましょう。
でも、朝日を浴びることの出来ない人はどうしたらいいのか。
そんな人にはフィリップス ブライトライトはいかがでしょう。

睡眠ホルモンのメラトニンを効果的に出すには午後10時から午前2時という時間に暗闇の中で眠ることがいいです。
メラトニンには美肌効果もあります。
10時は難しいかもしれませんが、なんとか12時までには眠りたいところです。
シンデレラタイムと呼ばれています。
そういえば精力的な人の中には、早く寝て朝4時くらいから起きて活動している人もいます。