なんだか今週は天気が悪い日が多いですね。
洗濯物が全然干せませんでした。
だから常に部屋に干ししてたんです。
それで気づいた事が一つ。
な、なぜかよく眠れた・・・
kashituki.jpg
気のせいだったのでしょうか!?身体的、精神的な問題ももちろんあると思います。
そこで考えました。いつもと違う事はなにか??
洗濯物も部屋に干していた・・・
そーいえば昔家にピアノがあった時、母は夏は直射日光があたらないように部屋に厚手のカーテンをしていて、冬はストーブの上でやかんを沸かしていました。
よくよく考えるとピアノの為に室内環境を整えていたんだ~
ピアノを労わっていたんだ♪
 
部屋に洗濯物を干しながら寝たせいで、湿度調節になってたんだなぁ~、きっと!?
こー考えると、安眠・健康には、適した湿度環境が大事なんだなぁと気づかされます。
冬も夏もエアコンで温度調節だけをするのではなく、湿度の管理にも注意したいな。
ピアノを労われたんだもん!今度は自分自身を労わんなきゃ!
ところで、オフィスで仕事をしていると肌はもちろんの事、のどが渇く~、のどが痛い~なんて経験ありませんか?
私は、冬だけではなく、夏場もそんな気がしてます。
きっとエアコンの影響なんだろうな。
エアコンんて必要以上に室内の湿度下げるんですよね。
空気が乾いちゃうんです。
のどが渇くのは夏も冬も一緒なんですけど、夏場は暑いし汗をかくから、積極的に水分補給ができるんですけど、冬はあまり汗をかかないせいもあってか、自発的に水分補給しないんですよね。。
私が働いているのはビルの10Fなんですけど、地上よりも湿度が少ない気がします。
湿度が低いと言うことは、サッパリしていてよいのですが、呼吸器の粘膜や肌にとってはきびしい面もあり、粘膜の乾燥や肌の乾燥を起こしてしまいます。
湿度が多そうな夏の夜でさえ、エアコンをかけて寝ると、朝ノドが痛くなることがあるのはそのせいなんですね。
そこでオフィスでも寝室でも適度な湿度環境が必要になってくるわけです。
そんなときには、やはり加湿器!
 
今はUSBでパソコンに繋げれるような、いわゆるにパーソナル加湿器が販売されています。
私はオフィスのパソコンの横と寝室のベッドの横に設置しています!!
快適に温湿度を調節してリラックスしましょう~♪
                  
        [:zzz:]眠りのポータルサイト安眠総合研究所[:zzz:]