「Two In a Bed」、面白い本を見つけました。
ミネソタ大の教授が、ベッドで夫婦(またはカップル)が一緒に寝ることについて調査した本です。
夫婦やカップルであれば当然のことかも知れませんが、アメリカでは61%がパートナーと同じベッドで寝ているといい、全体の62%がそれを望んでいるといいます。
執筆にあたって教授は、42組の異性同士の夫婦はもちろんの事、未婚の異性や同性のカップルにインタビューを行ったそう。
2inabed.jpg
多くのカップルは、一人で寝た方が楽だと答えつつも、パートナーと寝ているという。教授がなぜですか?と尋ねると、相手はびっくりして、「どうして息をしているんですか」とでも尋ねられたような顔をして、一緒に眠ることは人間関係を維持するためには欠かせないものだと口をそろえたという。
私なんかは、ひとつのベッドにいくつの不満があるのだろ?と考えてしまい、寝る時くらい大の字になって寝たい人なので、そんな価値観にびっくり!!
私が夫婦・カップルというかたちから逃げているだけなのでしょうかね?!
その方が楽だし、上手くいくような気がしますけどね・・。
興味深かったのは、パートナーと一緒に寝ていたために命を救われたと思っている人が多かった事だそう。心臓発作、脳卒中など、横にパートナーがいなければ大変なことになっていたというのだ。
他、2人で寝ることで生じる、問題点・不満も紹介。
寝室の温度、ベッドの置き場所、ベッドメーキング、テレビを見るかどうか、ベッドでの読者、飲食するかどうかなど等。
裸で眠るのも勝手にはできない。アラームを巡って口論することもあるし、子供やペットをベッドに招いていいかどうかも言い争いの種になるのだそう。
しかし、そんな問題を乗り越えると、このベッド「システム」は2人にとって快適なものになるのだと言う。
睡眠の場はリラックスだけでなく、エンジョイも重要なんですね。
眠るという行為を個人的な営みとしてとらえるのではなく、ベッドは会話をする場と考えるのも面白いです。
なんか、商品企画案が浮かびそうです。
勉強になりました~。

[:zzz:]眠りのポータルサイト安眠総合研究所[:zzz:]